看護師求人は時期によって増減する?

看護師の求人は、1年中出されてはいますが、時期によって求人が少ない時期と多い時期があります。そして、この求人が少ない時期は、転職にはあまり向かない時期ともいわれています。

やはり求人が少ないと、好条件の職場が見つかりにくいですし、選択肢も少ないのでそのような時期に転職するのは控えたほうが良いでしょう。転職って自分を成長させるためのチャンスだとも言えるので、せっかくのチャンスを無駄にしないためにも、やはり求人の多い時期に転職することがおすすめです。

では求人の少ない時期はいつかというと、4~5月や8月、12月あたりが少ないと思われます。4~5月は、4月に新卒者など一気に採用しているため、多くの施設ではあまり募集がかかることがありません。

また、5月はゴールデンウィークがあり、ゴールデンウィーク前後は看護師の採用を行っていない施設が多いからというのも少ない理由のひとつです。

では逆に求人が多い時期はというと、一番多いのは2~3月です。年度が変わる頃に4月に向けて、求人を出す施設がとても多いのです。
看護師求人・転職サイトの選び方

そしてその次に多いのが、10~11月です。その理由は、冬のボーナスをもらってからやめる看護師が多いからです。10~11月に募集をして、採用をするので、必然的に12月は少なくなるようです。
大阪府病院協会看護専門学校

また、6~7月もそこそこ求人が増え始めてきます。夏のボーナス前後であるということと、4月に就職してすぐにやめてしまう看護師がいるからです。このように、時期によって求人の数が変わってくるのです。

ただし、何回か転職を経験していたり、転職に関する知識のある看護師は、求人の少ない時期にあえて転職しようとは思いません。なので、求人の少ない時期はライバルが少ない時期だとも言えます。

求人を募集している側も、その時期に募集しているということは、本当に人が足りていないということであり、数ある求人から選んでくれた応募者に対して、いつもより採用基準が甘くなるということもよくあるようです。

そのため、ずっと転職したいと狙っていた施設がある場合、その看護師にとっては求人の少ない時期こそ大きなチャンスでもあります。また、経験を積まないといけないのに就職先が決まらなかった看護師にとっても、この時期は就職するチャンスでもあるのです。

どの時期に転職するのが良いかは、このように自分の状況によって変わってきます。ですので、自分の状況に合わせて転職活動を始めると、スムーズに次の職場が決まりやすくなると思います。

ページの先頭へ